債務整理の基本

借金に利息は付き物ですが、借金に利息が付いている場合、借金をしている人がその返済のために支払ったお金は、まず借金の「利息」に充てられ、その残りが借金の「元本」に充てられます。

したがって、「利息」がとても高いと、借金の返済を続けてもなかなか借金の「元本」は減らないということになります。

しかしながら、借金の「利息」は、いくらでも取れるというものではありません。取ってよい上限が利息制限法という法律で決められています。

債務整理では、利息制限法で決められた上限までしか利息を認めないという立場で、借金の残額を計算し直します。これを「引き直し計算」といいます。

具体的には、過去にさかのぼって、利息制限法の上限を超えて取られていた利息があれば、その取られすぎた利息の部分を、利息としてではなく元本として返済されたものとみなします。当然元本はそれだけ減ることになります。

このように、高過ぎる利息で借りていた借金は、債務整理による引き直し計算をすれば減額します。

この減額された借金が、債務整理で返済の対象となる借金です。

債務整理をした場合に返済の対象となる借金は、利息制限法にしたがって引き直し計算をした後の、減額された借金です。

この記事は、基礎知識 > 債務整理とは のページの一部です。

↑ページの先頭に戻る