債務整理の実行

債務整理の方針を決定したら、あとは方針にしたがって債務整理を実行するだけです。

任意整理を選択した場合は、本人にしていただくことは特にありません。弁護士がサラ金、クレジット業者と交渉し、和解を成立させます。今後返済していくことになる借金・債務の額、分割払いの方法(いつからいつまで何回の分割返済で、毎月何日に、どの口座に振り込んで支払うかなど)その他を書面(和解契約書)にします。

この和解契約書にしたがって、以後返済をしていきます。

任意整理後の返済においては、原則として利息はいっさい支払いません。したがって毎月毎月返済した分だけ借金が減っていきます。

他方、自己破産、個人再生を選択した場合は、それぞれ決まった資料や書面を裁判所に提出する必要があるため、これらを準備していただきます。

また、自己破産であれば裁判所に1回以上弁護士とともに出頭したり、管財人弁護士と面談したりする必要があります(管財人が付いた場合)。個人再生であれば再生委員(通常は弁護士が就任します)との面談が必要です。

自己破産の場合は、手続終了により借金・債務の返済が原則として免除(免責)されるため、債務整理はすべて終了します。

個人再生の場合は、手続き終了後、決定された返済計画にしたがって借金・債務を返済していきます。

この記事は、基礎知識 > 債務整理の流れ(手順) のページの一部です。

↑ページの先頭に戻る