債務整理のメリット3-債務整理後の返済はすべて元本に充てられる

債務整理のメリットの3番目は、債務整理をすると、その後の返済はすべて借金の元本に充てられることです。

これは、債務整理前の状態と比べると分かりやすいでしょう。債務整理前は、返済したお金の大部分が、利息の支払いに充てられ、なかなか借金が減らなかったことと思います。

ところが、債務整理後は、無利息の借金を返済するのと同じで、毎月毎月、返済したお金と同じ分だけ借金が減っていくことになります。

これは当然のことですが返済型の債務整理を選択した場合です。非返済型の債務整理(自己破産)を選択した場合は、そもそも借金の返済をしなくてよくなります。

この記事は、基礎知識 > 債務整理のメリット・デメリット のページの一部です。

↑ページの先頭に戻る