債務整理のデメリット-クレジットカードの使用・作成などができなくなる

債務整理のデメリットの1つに、債務整理を開始するとクレジットカードを使ったり作ったりできなくなることがあります。クレジットカードにかぎらず、新たに借り入れ(キャッシング)したり、ローンやリースを組めなくなります。

これは、債務整理の開始によっていわゆるブラックリストに搭載されることによります。

ブラックリストに搭載されている期間は、任意整理の場合で最大で5年、自己破産・個人再生の場合でも最大で10年とされていますので、この期間が過ぎるとクレジットカードの作成・利用や借り入れ等ができるようになります。

この記事は、基礎知識 > 債務整理のメリット・デメリット のページの一部です。

↑ページの先頭に戻る