消滅時効、時効の援用

消滅時効とは、権利(義務)が時の経過によって消滅することです。債務整理の場面では、貸金を返済してもらう権利や立替金の支払いを受ける権利(返済や支払いをしなければならない義務)が消滅することです。

消費者金融等の貸金業者や銀行、クレジットカード会社等からの借金・債務は、概ね最終の返済時から5年で消滅時効にかかります。

消滅時効の制度を利用して返済や支払いを免れるには、時効の「援用(えんよう)」という手続きをしなければなりません。通常、消滅時効の援用通知書を、貸金業者等の債権者宛てに、内容証明郵便で送付して行います。

この記事は、基礎知識 > 債務整理と過払い請求の用語解説  のページの一部です。

↑ページの先頭に戻る