利息制限法(りそくせいげんほう)

利息制限法は、お金の貸し借りについて、利息の「上限」を定めた法律です。

この利息の上限は、借金の額に応じて、次のように定められています。

10万円未満
20%
10万円以上100万円未満
18%
100万円以上
15%

この上限を超える利息は無効となるため、それを超えて支払われたお金は当然に元本(がんぽん)に充当(じゅうとう)されます。利息ではなく元本として返済したものとみなされるということです。

この記事は、基礎知識 > 債務整理と過払い請求の用語解説  のページの一部です。

↑ページの先頭に戻る