グレーゾーン金利

グレーゾーン金利とは、利息制限法で定められた利息の上限を超え、かつ出資法(しゅっしほう)で定められた利息を超えない利息(金利)のことをいいます。

出資法には、これ以上の利息でお金を貸したりしたら処罰しますよという利息が定められています。具体的には、貸金業者の場合で20%を超えてお金を貸したりすると、貸し手側に刑罰が科せられます。

この20%という利息は、最近まで29.2%というもっと高い数字でした。利息制限法で定められた利息(20%or18%or15%)のいずれよりも高い数字です。したがってその間にある例えば25%という利息は、利息制限法で定められた利息はオーバーしているものの出資法には違反していない利息だったわけです。このような利息をグレーゾーン金利といいます。

利息制限法の範囲内の利息は民事上も有効な「白」、出資法違反の利息は刑罰まで科せられる「黒」、その間のゾーンにある利息は民事上は無効であるものの刑罰の対象とはならないいわば「白でも黒でもない「グレー」なゾーンの利息」というわけです。

この記事は、基礎知識 > 債務整理と過払い請求の用語解説  のページの一部です。

↑ページの先頭に戻る