受任通知(じゅにんつうち)、弁護士介入通知(べんごしかいにゅうつうち)

受任通知、弁護士介入通知とは、「Aさんの債務整理を弁護士であるBが代理人となって開始します」という通知で、通知の相手は消費者金融会社、クレジット会社などの債権者です。通常書面で通知します。

この受任通知、弁護士介入通知を消費者金融等の債権者が受け取ることにより、以後の窓口は弁護士に移ります。したがって支払いの催促なども債務者本人に直接行くことはなくなります。

受任通知、弁護士介入通知では、債務整理の開始を通知するとともに、過去の取引の履歴(いついくら借り入れ、いついくら返済したか)を書面で開示するよう請求します。

受任通知、弁護士介入通知はまた、いわゆるブラックリストに登載される契機ともなります。

この記事は、基礎知識 > 債務整理と過払い請求の用語解説  のページの一部です。

↑ページの先頭に戻る