取引履歴(とりひきりれき)、取引経過(とりひきけいか)

取引履歴、取引経過とは、例えばお金の貸し借りの場合、いついくら借り入れ、いついくら返済したかという、過去から現在までの一連の取引の履歴、経過のことで、通常は書面化されたものをいいます。

この取引履歴、取引経過によって、次に説明する引き直し計算が可能になります。

この記事は、基礎知識 > 債務整理と過払い請求の用語解説  のページの一部です。

↑ページの先頭に戻る