過払い(かばらい)

過払いとは、債務額の引き直し計算の結果、借金の返済が終了しており逆に払い過ぎとなっている状態のことをいいます。

過払いとなるのは、高い利息(利息制限法の上限金利を越える利息)の借金を長年にわたって返済し続けてきたような場合です。

また、利息制限法の上限金利を越える利息で借り入れていた借金を「完済」した場合は、必ず過払いとなります。

過払いが判明した場合、払い過ぎた過払い金を取り戻すことができます(過払い金返還請求)。

借金の利息が高ければ高いほど、またこれまでの返済金額が多ければ多いほど、(その他の条件が同じであれば)過払いとなる可能性及び過払い金額が大きくなります。一概にはいえませんが、銀行系などではない通常のサラ金からの借金や、クレジットカード会社からのキャッシングの場合で、7年程度の取引がある場合は、過払いとなっている可能性が高いといえます(もっとも、5年の取引で過払いとなる人も少なくありません)。

なお、クレジットカード(物も買えるカード)のキャッシングの利息は、カード会社やカードの種類(グレード)によってまちまちです。過払いが見込めるのは、あくまで利息が利息制限法の利率を上回っている場合のみです。

この記事は、基礎知識 > 債務整理と過払い請求の用語解説  のページの一部です。

↑ページの先頭に戻る