特定調停(とくていちょうてい)

特定調停とは、債務整理のうちのひとつの手法(手続)で、裁判所を利用しての任意整理と説明すれば分かりやすいかと思います。

任意整理と同様、借金・債務を返済していくことを前提として、その負担を少しでも軽くするための手続です。また債権者に対して返済案などを強制できないことも任意整理と同様です。

任意整理では、弁護士が債務者の代理人となって各債権者と交渉しますが、特定調停では、調停委員という中立の第三者が間をとりもつかたちで、債務者の借金・債務の負担が軽くなるように各債権者に働きかけてくれます。

特定調停で合意に至った返済条件は、調停調書という書面になりますが、この書面があると、判決書と同様、債権者はただちに強制執行の手続に入ることができますので注意が必要です。

この記事は、基礎知識 > 債務整理と過払い請求の用語解説  のページの一部です。

↑ページの先頭に戻る