申立て(もうしたて)

申立てとは、破産の場合であれば、破産手続の開始を求める旨の書面(申立書)を裁判所に提出する行為です。申し立てをするとは「訴えを起こす」というときの「起こす」のようなものだと思ってもらえれば充分です。

「4月1日に東京地方裁判所に自己破産を申立てた」、「12月中の申立てを目指して必要書類を準備しましょう」などという使い方をします。

自己破産の申立てをする裁判所は、原則として債務者本人の住所地を管轄する地方裁判所です。

この記事は、基礎知識 > 債務整理と過払い請求の用語解説  のページの一部です。

↑ページの先頭に戻る