免責(めんせき)

免責とは、破産をした人が債権者からの追及を免れることです。

破産手続では、破産手続開始時における債務者の財産を処分してお金に換え、これを債権者に配当することにより手続が終了しますが、たとえ債権者が破産手続により充分な配当を受けられなかったとしても、足らない分をあらためて債務者に追及するということはできないということです。

多重債務者等が自己破産をして経済的に再生できるのは、この免責という制度があるからといえます。

免責の申立ては、通常、破産手続開始の申立てと同時に(同じ書面の中で)行います。なお、会社の場合、破産手続き終了とともに法人格が消滅し、その結果として債務がなくなるため、免責の許可を得るための手続(免責許可の申立て)は不要になります。

この記事は、基礎知識 > 債務整理と過払い請求の用語解説  のページの一部です。

↑ページの先頭に戻る