免責不許可事由(めんせきふきょかじゆう)

免責不許可事由とは、読んで字のごとく免責が許可されない事由です。よく知られているところでは著しい浪費や射幸行為(ギャンブルなど)がありますが、ほかにも、財産を隠したり壊したり、帳簿を隠滅したり、裁判所や管財人に調査に協力しなかったり虚の説明をしたりといった行為や、免責許可の申立てから遡って7年以内に免責を得ていることなどの事由があります(ほかにもたくさんあります)。

ただ、免責不許可事由に該当しても、次に説明する裁量免責により免責を得る可能性が残されています。よほど悪質なケースでもないかぎりこの裁量免責で救われているのが実情で、最終的に免責が許可されない人は、全体の1%にも満たないといわれています。

この記事は、基礎知識 > 債務整理と過払い請求の用語解説  のページの一部です。

↑ページの先頭に戻る