裁量免責(さいりょうめんせき)

裁量免責とは、免責不許可事由に該当する場合であっても、裁判所の裁量により免責が与えられることです。破産に至った経緯、債務者の態度、反省・更生意欲など一切の事情を考慮して裁判所が決定します。通常破産管財人の意見が重視されます。

この記事は、基礎知識 > 債務整理と過払い請求の用語解説  のページの一部です。

↑ページの先頭に戻る