非免責債権(ひめんせきさいけん)

非免責債権とは、免責の効果が及ばない例外的債権です。

租税(税金)、悪意で加えた不法行為に基づく損害賠償請求権、故意または重大な過失により加えた人の生命または身体を害する不法行為(人身事故など)に基づく損害賠償請求権、婚姻費用分担請求権、養育費請求権、従業員の給与・預かり金、罰金等があります。

これらの債権は、破産して免責許可の決定が出ても免責されません。

この記事は、基礎知識 > 債務整理と過払い請求の用語解説  のページの一部です。

↑ページの先頭に戻る