同時廃止(どうじはいし)

同時廃止とは、同時破産手続廃止とも呼ばれ、破産手続開始と同時に破産手続を終了することです。破産手続を終了するとは、債務者の財産をお金に換えて債権者に配当するという破産本来の手続をしないということです。

管財人を選任して、財産をお金に換えたりこれを配当したりするにも、そのための費用がかかりますが、債務者がこれらの手続き費用を用意できず、あるいは手続き費用に充てられるような財産を持たない場合には、そもそも債権者に配当されるような財産は債務者にないことになりますので、これらの手続きを省略します。

東京地裁の場合、申立て時20万円以上の財産(現金、預貯金のほか保険の解約返戻金、不動産、自動車、有価証券、社内積立金、退職金見込額(但しその8分の1が20万円以上の場合)など)が債務者になければ同時廃止とされます(但し代理人弁護士による申立ての場合)。逆に、申立て時20万円以上の財産があれば、原則どおり管財事件となります。同時廃止はあくまで例外的手続きということです。

この記事は、基礎知識 > 債務整理と過払い請求の用語解説  のページの一部です。

↑ページの先頭に戻る