自由財産(じゆうざいさん)

自由財産とは、破産手続きによっても処分の対象にならず、債務者が自由に保有できる財産のことです。

破産手続の原則は、債務者の財産をすべてお金に換えて債権者に配当することですが、個人債務者の経済的再生をはかるために、一定の財産を債務者に確保させることとしたものです。

東京地裁の場合、破産手続き開始時において99万円までの現金に加え、20万円に満たない預貯金、保険解約返戻金(時価判断)、有価証券(時価判断)、自動車(時価判断)、160万円未満の退職金などの財産が自由財産とされています。

この記事は、基礎知識 > 債務整理と過払い請求の用語解説  のページの一部です。

↑ページの先頭に戻る