管財人(かんざいにん)

管財人(破産管財人)とは、債務者とも債権者とも裁判所とも別の、破産手続きにおける1機関で、債務者の財産をお金に換えて債権者に配当を行ったり、あるいは免責についての意見を裁判所に報告したりといった、破産手続きにおける主要な職務を行います。

ただ、個人の自己破産の場合、必ずしも管財人が付くとは限りません。みるべき財産がまったくなく免責に関する問題もないような場合です。この場合、管財人が付いて財産をお金に換えて、、といった手続きは省略されます。このようなケースを同時廃止(次に説明します)といいます。

この記事は、基礎知識 > 債務整理と過払い請求の用語解説  のページの一部です。

↑ページの先頭に戻る