報酬金(ほうしゅうきん)

報酬金とは、弁護士費用の1つで、弁護士に依頼した案件が何らかの成果を得た場合に、その成果の程度に応じて発生する弁護士費用のことをいいます。したがって、通常、案件の終了時に発生します。
成功報酬とも呼ばれます。

例えば任意整理の場合、各社と和解が成立(新たな返済条件が決まったり、過払い金の返還額・時期が決まったりすること)することが成果であり、したがって各社と和解が成立するごとに発生します。個人の自己破産の場合であれば、免責決定が得られたときに報酬金が発生するとされていることが多いようです。

いずれにしても、報酬金は、通常、事件を正式に依頼する段階で、その金額あるいは金額の計算方法を弁護士との間で決めておきます。

着手金と同様、報酬金も、弁護士が承諾すれば分割払いにすることも可能です。

この記事は、基礎知識 > 債務整理と過払い請求の用語解説  のページの一部です。

↑ページの先頭に戻る