過払い金請求の流れ

過払い金請求(かばらいきんせいきゅう)とは

過払い金請求(かばらいきんせいきゅう)とは、借金返済の際に払い過ぎたお金(過払い金)を借入先から取り戻せる状況にある場合に、その過払い金の返還請求を借入先である消費者金融、クレジットカード会社などの業者に対して行うことです。

過払いになっている可能性があるのは、利息制限法という法律で定められた利息を超える借金の利息を、長期間支払い続けた場合です。

また、このような高い利息の借金を既に完済している場合は、必ず過払いになっています。

こちらのページ(「過払い金返還請求のQ&A」)もご覧下さい。

↑ページの先頭に戻る

過払い金請求の流れ、手順

過払い金請求の流れ、手順は、途中までは基本的に債務整理のそれと同じですので、債務整理の流れ(手順)もご覧下さい。

債務整理では、借金が存在する場合に、その減額など借金の返済条件を交渉したりするのに対し、過払い金請求の方は、借金が存在せず逆に過払い金が存在する場合に、その金額や返還時期など過払い金の返還条件を交渉したりするという違いでしかありません。

すなわち、過払い金請求は、債務整理と同様、弁護士が、受任通知という書面を借入先である(借入先であった)消費者金融、クレジットカード会社などの業者に対して送ることから始めます。

このとき同時に、過去の取引の履歴を交付するよう請求することも債務整理と同様です。貸金、キャッシングを行う業者にはこの取引履歴の開示に応じる義務があります。

業者から開示された取引履歴をもとに、弁護士が「引き直し計算」を行い、法律上過払いになっていること及びその金額を確定し、この金額を業者に請求します。

過払い金請求は、通常はいきなり裁判をせずに、過払い金返還請求通知書などの書面を業者に送り、その対応を見ます。

業者の対応により、交渉する価値があれば、過払い金の金額、支払い期限等の条件面を交渉し、折り合いが付けばその業者と合意書(和解書)を作成します。これで過払い金を返還してもらえます。

業者の対応により、交渉を続けても意味がなさそうであれば、または条件面で折り合いが付かず合意に至らなければ、裁判所に過払い金返還請求の訴訟を提起します。

裁判をした後も、業者との交渉の余地、機会はあり、実際ほとんどのケースでは、判決を取得せずに和解により解決されています。

交渉または裁判によって過払い金が実際に返還されたら、弁護士報酬を差し引いた金額を弁護士からご依頼者様にお返しします。

以上が過払い金請求の流れ、手順です。

↑ページの先頭に戻る