債務整理をすると払い過ぎていたお金が戻ってくることがあるというのはほんとう?

はい。ほんとうです。貸金業者等に対して払い過ぎてしまったお金のことを「過払い金」といいますが、過払い金は当該業者から取り戻すことができます。

債務整理を開始すると、貸金業者等から過去の取引履歴を取り寄せますが、その履歴をもとに法律にしたがった計算(引き直し計算)をすると、借金・債務が残っていないどころか払い過ぎ(「過払い」)が判明することがあります。

その場合、その業者に対して払い過ぎたお金(過払い金)の返還を請求して取り戻すことができます。

このように、「債務整理をしてみたら過払いが判明した」というパターンが一番多いのですが、債務整理をする前から過払いが明らかなこともあります。

過去に高利の借金を「完済」している場合です。

この場合、完済してから10年が経っていなければ、やはり過払い金を取り戻すことができます。(完済から10年が経過すると、業者が時効を主張できるようになります。)

この記事は、Q&A > 債務整理全体のQ&A のページの一部です。

↑ページの先頭に戻る