債務整理とは何ですか

債務整理(さいむせいり)とは、消費者金融(サラ金)やクレジットカード会社などに対する支払い・返済を、通常の方法ではできなくなったときに、弁護士が入って、支払い条件を見直したり支払いの免除を受けたりすることです。

借金が返せない、クレジットが払えない、というときは、弁護士に債務整理を依頼することにより、問題を解決することができます。

債務整理の方法としては、裁判所を利用するものとして自己破産や個人再生といった手続が有名ですが、裁判所を利用せずに債権者との交渉によって解決する任意整理(にんいせいり)というものもあります。

いずれにしても、債務整理をすることにより、債権者(サラ金やクレジットカード会社など)に対する窓口を本人から弁護士に移すことができます。したがって支払いが滞っていても直接督促を受けたりすることがなくなります。

また、債務整理をすることにより、債権者に対する支払い、返済をいったんストップできます。

この記事は、Q&A > 債務整理全体のQ&A のページの一部です。

↑ページの先頭に戻る