クレジットが払えなくなったときも債務整理できるの?

債務整理ができる借金、債務の種類に制限はありません。

したがいまして、クレジットカードの支払いができなくなったときでも債務整理により解決できます。

クレジットカードの場合、消費者金融や商工ローンなどからの借金にくらべて、整理に協力的な会社が多く、むしろ債務整理はしやすいといえます。

クレジットカードの場合、キャッシングとショッピングの両方ができるカードが大多数だと思います。

このうち、キャッシングを20数パーセント以上の高い利息(いわゆるグレーゾーン金利)で利用していた場合には、債務整理をすることにより借金の額自体が減ります。

また、仮にそうでないとしても、債務整理をすることにより、利息なしの借金にできます。つまり返済した分だけ借金を減らしていくことができるようになります。

債務整理のデメリットとしては、以後クレジットカードを使用できなくなります。ただし、債務整理をしなくても、延滞が続けばやはり使用はできなくなります。

したがいまして、現実にクレジットが払えない、という場合はもちろん、近い将来払えなくなりそうだという場合も、弁護士にはできるだけ早くご相談されるようおすすめ致します。

最後に、とりあえず今月の引き落としが終わってから弁護士に相談に行こう、という考えは無用です。弁護士がクレジットカード会社に債務整理を始めますという通知(受任通知)を出すと、クレジットカード会社からの督促はすぐ止まりますし、その後はカード会社の方で引き落としがかからないようにしてくれるからです。

この記事は、Q&A > 債務整理全体のQ&A のページの一部です。

↑ページの先頭に戻る