借金を整理したいのですが、弁護士に依頼すると自己破産することになるの?

いいえ。借金・債務の整理といっても、その方法は自己破産だけではありません。

債務整理には、自己破産のほかにも、個人再生、任意整理、特定調停などいくつかの方法があります。

債務整理のうち、自己破産だけは借金・債務を今後返済しないことになりますが、それ以外の個人再生、任意整理、特定調停はいずれも、借金・債務を今後も計画的に返済していくことが前提となります。

債務整理を開始すると、(法律にしたがった再計算の結果として)今後返済すべき借金・債務の額は少なからず減ります。そのため、返済不可能と今は思っていても、債務整理をすることにより返済が可能になる可能性は十分あります。今までの返済期間が5年程度あるような場合は特にそうです。

債務整理の結果、返済しなければならない借金・債務の額が思いのほか少ないことがわかり、余裕を持ってその返済が可能ということになれば、自己破産はしたくてもできないということになります。

この記事は、Q&A > 債務整理全体のQ&A のページの一部です。

↑ページの先頭に戻る