借金の一本化(まとめ)を考えているのですが?

借金の一本化(まとめ)は、返済・振込み事務(手数料や手間)が1社分で済むというメリットはありますが、基本的にはおすすめできません。

というのは、第一に、借金の一本化の場合、債務整理と異なり、引き直し計算をしないため、借金の額自体を減らすことはできないからです。

例を挙げます。

A社の借金100万円、B社の借金50万円、C社の借金50万円の合計200万円の借金をD社で一本化する(まとめる)とします。

この場合、一本化(まとめ)後は、D社に200万円の借金を返済していくことになります。

ところが、債務整理をすると、例えばA社の借金が50万円、B社の借金が10万円、C社の借金がゼロにそれぞれ減額するかもしれません。

そうすると、債務整理後は、3社合計で60万円を返済すればよいことになります。この例以上に減額する場合は現実にいくらでもあります。

第二に、借金の一本化の場合、一本化(まとめ)後の支払いについての利息は、今までより若干低くなったとしてもゼロではありません。

これに対して、債務整理をした場合は、債務整理後の返済についての利息は付きません(将来利息ゼロ)。

この記事は、Q&A > 債務整理全体のQ&A のページの一部です。

↑ページの先頭に戻る