弁護士と司法書士の違いは?

債務整理における弁護士と司法書士との一番大きな違いは、裁判所を利用する手続(自己破産、個人再生等)について代理人になれるかどうかにあります。

弁護士は代理人になれますが司法書士は代理人になれません。

したがって、司法書士に自己破産の処理を依頼すると、申立て書類は作成してもらえますが、あくまで債務者本人が裁判所に申立てをする必要があります。

当然裁判所との対応も本人が行うことになります。

司法書士に自己破産を依頼した場合、弁護士に依頼した場合と比べて、①手続終了までの時間が2~3か月程度長くなる、②財産があったり、借金の原因に問題があったりすることにより管財事件になった場合、裁判所等に収める手続費用が少なくとも30万円程度高くなる、などの違いがあります。

次に、任意整理の場合、「140万円」を越える額の裁判になった場合は弁護士でなければ代理人になることができません。

したがいまして例えば200万円の過払い金返還請求訴訟は弁護士でなければ代理人として提起できないということになります。このような場合裁判所への出頭等はあくまで本人がしなければなりません。

過払い請求においては、裁判をするしないによって返還額に大きな違いが出ることもありますから注意が必要です。

この記事は、Q&A > 債務整理全体のQ&A のページの一部です。

↑ページの先頭に戻る