自己破産によって制限を受ける職業があるの?

はい。具体的には、生命保険の募集人や損害保険の代理店、警備業者や警備員、宅地建物取引業者、証券会社外務員などの職業です(ここに列挙したのは代表的な例で、その他にも弁護士や公証人など自己破産によって資格制限を受ける特殊な職業がたくさんあります)。自己破産をするとこれらの職業に就くことができなくなります。

また、会社の取締役、監査役は破産によって当然に地位を失います。

反対に、例えば学校の先生や地方公務員、一般の国家公務員、医師、看護士、薬剤師、建築士などは自己破産をしても職業上の制限を受けることはありません。

また上に列挙した資格を失う職業に就いている方も、免責許可決定が出て自己破産の手続きが終了すると、資格制限はなくなります。

この記事は、Q&A > 自己破産のQ&A のページの一部です。

↑ページの先頭に戻る