私にはめぼしい財産は何もないけどそんな場合でも管財人が付いて財産を調べるの?

いいえ。破産手続きは、管財人が付いて、破産者の財産をお金に換えてこれを債権者に配当するのが原則ではありますが、管財人が付いてこれらの職務を行うにも費用がかかります。

したがってこれらの費用を支払う財産さえも無いことが明らかな場合には、管財人を付けずに手続きを終了させます。

これを「同時廃止(どうじはいし)」といいます。

同時廃止となるか管財人が付くかの振り分け基準ですが、通常、概ね20万円以上の換価容易な(お金にすぐ換えられる)財産があるかどうかによって振り分けられます。

20万円以上かどうかは財産ごとに判断するのが通常で、また破産手続きが開始された時点で判断されます。

例えば預金が10万円、保険の解約返戻金が15万円でも同時廃止にできます。

この記事は、Q&A > 自己破産のQ&A のページの一部です。

↑ページの先頭に戻る