今会社を辞めたら退職金が出る場合、自己破産をするとこの退職金も処分されるの?

実際に退職するしないに関わらず、仮に破産手続きの開始時に退職したとすれば退職金が見込まれるような場合、その退職金(見込み)額の一定割合を手続き中に積み立てなければなりません。

東京地裁の場合、退職金見込み額の8分の1が20万円以上となる場合、同時廃止にはせずに、原則どおり管財人を付けます。

したがって160万円以上の退職金が見込まれる場合は、同時廃止にはできず、管財人が付き、破産手続き中に20万円以上を積み立てる必要があります。

但しそのために会社を辞める必要はまったくありません。

この記事は、Q&A > 自己破産のQ&A のページの一部です。

↑ページの先頭に戻る