アルバイト(パート)でも個人再生を利用できるの?

はい。アルバイト、パート収入で生活している人も、将来において継続的にまたは反復して収入を得る見込みがあれば(たとえ収入額に変動があると見込まれる場合であっても)個人再生手続きのうち少なくとも小規模個人再生手続きを利用できます。

さらに、アルバイト、パートでも、将来において継続的にまたは反復して収入を得る見込みがありかつその収入の変動の幅が小さいと見込まれる場合は、給与所得者等再生手続きの方も利用できます。

ここでいう「変動の幅が小さいと見込まれる」とは、一般に、将来の収入の変動が、年収換算で5分の1を超えない見込みであることとされています。

この記事は、Q&A > 個人再生のQ&A のページの一部です。

↑ページの先頭に戻る