個人再生をすると持ち家を手放さなければならないの?

いいえ。必ずしもそうはいえません。

まず、住宅ローンもなく抵当権も付いていない場合、持ち家を手放さなければならないわけではありません。但し、個人再生における最低返済総額は、破産をした場合に債権者に配当される額以上でなければならず、したがって持ち家の評価額以上の返済総額でなければ返済計画案が認められないことから、持ち家を手放さないようにするためには相当に負担の大きい返済計画を立てなければならないことになります。この意味で、持ち家を手放さなくて済む場合は特殊な場合に限られるでしょう。

次に、住宅ローンがあって抵当権が付いている場合、個人再生手続きを申し立てただけでは、抵当権が実行され、持ち家は処分されることになるでしょう。但し、個人再生には、住宅ローン特則(「住宅資金貸付債権に関する特則」)という手続きがあり、この住宅ローン特則を利用すれば、持ち家を維持しながら債務整理をすることが可能になります。但し、住宅ローン債務自体はいっさい減額されません。このため、住宅ローン以外の債務を返済計画どおりに返済しながら、なおかつ住宅ローンを全額支払続けることが必要になります。

この記事は、Q&A > 個人再生のQ&A のページの一部です。

↑ページの先頭に戻る