個人再生で返済計画どおり返済を続けることができなくなったらどうなるの?

まず、やむを得ない事由で返済計画を実行することが著しく困難となった場合は、申立てにより、返済期限を延長することができます。この場合においては、変更後の最終返済期限は、当初の返済計画で定められた最終期限から二年を超えない範囲で定めなければなりません。

次に、債務者の責めに帰することができない事由により返済計画を遂行することが極めて困難となった場合には、認可された返済債務総額の4分の3以上の返済が終わっていること、先に述べた返済計画の延長では対処できないこと、この段階で破産した場合に比べて債権者に不利益が生じないことなどの条件を満たせば、自己破産のように債務が免責されます。それ以上借金を返済しなくてよくなるということです。

これらが不可能な場合にも、再度個人再生を申し立てる、自己破産を申し立てて免責を得るなどの対処は可能です。

この記事は、Q&A > 個人再生のQ&A のページの一部です。

↑ページの先頭に戻る