個人再生の手続きの流れとスケジュールを教えて?

東京地裁の場合ですが、個人再生の手続きの流れと標準的スケジュールは次のようになります。

まず、必要書類を揃えて裁判所に申立てをします。すぐに個人再生委員が選任されますので、この人(弁護士です)と面談します。個人再生委員の意見を聞いて裁判所が手続き開始決定をします。ここまでがだいたい申立てから1か月です。

手続き開始決定から約1か月後までに各債権者が債権の額などを届出ます。債権の調査、債権額確定後、債務者が返済計画案(再生計画案といいます)を作って裁判所と再生委員に提出します。ここまでがだいたい申立てから4か月です。

債権者が返済計画案に反対の場合に裁判所に書面で不同意の回答書を提出したり(小規模個人再生の場合)、意見書を提出したり(給与所得者等再生の場合)します。個人再生委員の返済計画についての意見書等も提出されます。これらを踏まえ、反対債権者半数未満などの条件(小規模個人再生の場合)などを満たし、他に問題がなければ裁判所が返済計画を認可するという決定を出します。ここまでがだいたい申立てから6か月です。

この記事は、Q&A > 個人再生のQ&A のページの一部です。

↑ページの先頭に戻る