過払いって何?

過払い(かばらい)とは、借金の利息を払い過ぎており、この払い過ぎたお金を取り戻せる状態のことをいいます。

利息を払い過ぎているかどうかは、「利息制限法」という法律で定められた次の基準で判断できます。

借金の元本が10万円未満の場合⇒年20%
借金の元本が10万円以上100万円未満の場合⇒年18%
借金の元本が100万円以上の場合⇒年15%

上の基準を超える高い利息を払っている場合は、払い過ぎということです。

この払い過ぎた利息は、利息としては無効です。ではその払い過ぎたお金はどう扱われるのかというと、法的には借金の元本に返済されたものと扱われます。

ということは、利息を支払う度に、払い過ぎた利息の分だけ借金の元本は法的には減るということです。
したがって、利息の支払いを続けていくと、やがて借金の元本は(法的には)なくなります。

それでも支払いを続けると、これはもはや借金の返済ではなく、貸金業者に対して理由もなくお金を支払っていることになるため、その分は当然に貸金業者から取り戻せることになるわけです。

これが過払いの状態です。

この記事は、Q&A > 過払い金返還請求のQ&A のページの一部です。

↑ページの先頭に戻る