過払いと債務整理の関係は?

過払いは、債務整理の過程で判明することがあります。

すなわち、借金を返済中の人が債務整理をしたところ、借金が法的には残っておらず、逆に払い過ぎだった、ということが判明する場合です。

こういう場合、立場が一気に逆転し、今までお金を借りていた側が、貸していた側に対して、過払い金の返還請求をし、過払い金を取り戻すことになります。

1社だけの債務整理であれば、過払いイコール借金はないということですから、過払い金を取り戻して債務整理は終了です。

数社の債務整理であっても、1社でも過払いがあれば、その業者から取り戻した過払い金を、他社の借金の返済に充てることができます。
取り戻した過払い金で他社のすべての借金を完済できる場合も少なくないですし、そもそも全社について過払いだったということも珍しくありません。

返済中の借金の場合は以上のようにいえますが、既に「完済」した借金の場合は、それが高い利息の借金であった場合は「必ず」過払いになっています。したがってこの場合は、債務整理とは無関係に、過払い金の返還請求をすることができます。

この記事は、Q&A > 過払い金返還請求のQ&A のページの一部です。

↑ページの先頭に戻る