定額の費用、定額ではない費用

定額の費用

任意整理、自己破産及び個人再生の着手金及び報酬金は定額の費用です。

例えば任意整理の場合ですと、着手金、報酬金ともに1社あたり2万円+消費税ですので、1社あたり合計4万円+消費税となります。(但し、借入先が3社未満(1社または2社)の場合は、着手金、報酬金ともに定額5万円+消費税ですので、合計10万円+消費税となります。)

定額ではない費用

過払い金の返還があった場合は、返還額に応じた報酬金が上記定額の費用と別途に発生します。

当事務所では、返還された過払い金額の15%+消費税とさせていただいております。

但し、この過払い返還分の報酬は、返還された過払い金から差し引かせていただきますので、お財布から出ていくお金ではありません。

なお、当事務所では任意整理の減額報酬は頂戴しません。
減額報酬とは、「借入先が主張する借金残額-最終的に和解した借金残額」のことです。要するに引き直し計算で減らすことのできた金額です。

<例:5社の任意整理をし、うち1社から50万円の過払い金を裁判をせずに取り戻した場合>

この場合、まず定額費用として、着手金2万円/社×5社=10万円+消費税、報酬金として同じ金額、計20万円+消費税が発生します。

これとは別途、過払い返還分の報酬として、50万円×15%=75,000円+消費税が発生します。
但し、この過払い金返還分の報酬は、返還された50万円から差し引くかたちでお支払いいただきます。

この記事は、費用(料金) > 費用の種類とお支払い方法 のページの一部です。

↑ページの先頭に戻る