当事務所の弁護士費用

当事務所の弁護士費用の特色

↑ページの先頭に戻る

任意整理(及び時効援用)の弁護士費用

1) 着手金
・債権者2社以内の場合:5万円+消費税
・債権者3社以上の場合:債権者数×2万円+消費税
・商工ローン業者の場合:1社5万円+消費税。債権者2社以内の場合10万円+消費税
2) 報酬金
・着手金と同額。
・過払金の返還を受けたときは、過払い金返還に対する報酬金(後記参照)が別途発生します。

※任意整理により借金が減額した場合でも減額報酬はいただきません。

↑ページの先頭に戻る

自己破産の弁護士費用

1) 着手金
20万円+消費税
2) 報酬金
上記着手金額と同額(免責許可決定が得られた場合に発生)
(過払金の返還を受けたときは、過払い金返還に対する報酬金(後記参照)が別途発生します。)

※なお、破産・免責手続きは、同時廃止、少額管財手続きいずれも、別途、裁判所に対する申立費用(実費)として、2万円程度が必要となります。さらに、少額管財の場合には、この他に管財人費用として20万円が必要となります。

↑ページの先頭に戻る

個人再生の弁護士費用

1) 着手金
30万円+消費税
2) 報酬金
30万円+消費税
(過払金の返還を受けたときは、過払い金返還に対する報酬金(後記参照)が別途発生します。)

↑ページの先頭に戻る

過払い金の返還を受けた場合の弁護士費用(報酬)

債務整理の結果過払いであることが判明し、過払い金を貸金業者等から取り戻したときは、債務整理の種類(任意整理、自己破産etc.)に関わらず、下記報酬金が別途発生します。

返還金額×15%+消費税

※裁判(過払い金返還請求訴訟)をしたときは、裁判所に収める印紙代、切手代の実費が別途必要となりますが、過払い金の返還時に清算させていただきます。

↑ページの先頭に戻る

完済した借金の過払い金請求の費用

1) 着手金
債権者数×2万円+消費税
2) 報酬金
返還金額×15%+消費税

ご希望により、着手金を過払い金返還時に返還金でお支払いいただくこともできます(初期費用ゼロ)。

※裁判(過払い金返還請求訴訟)をしたときは、裁判所に収める印紙代、切手代の実費が別途必要となりますが、過払い金の返還時に清算させていただきます。

↑ページの先頭に戻る