ブラックリストとは

まず、ブラックリストというのはあくまで俗称で、具体的に多重債務者等の名簿のようなものがあるわけではありません。ただしこのサイトでは、分かりやすさを重視し「ブラックリスト」「ブラックリストに載る」などという表現をあえてしています。

その上で、一般にブラックリストといわれているものの実態は、信用情報機関といわれる機関(団体)が収集・登録・管理している債務者の信用情報のうち、延滞、債務整理、自己破産などのいわゆる「事故情報」のことです。

したがって、「ブラックリストに載る」ということは、正確には、債務整理などの事故情報が信用情報機関のデータベースに登録されることをいいます。

ブラックリストの利用のされ方ですが、例えば、消費者金融会社などが、キャッシング申し込みに対する審査をする際などに、申し込み者の信用情報を調べて、貸してよいかどうかなどを判断します。クレジットカードの作成などの場合も同様です。

この記事は、トピックス > ブラックリストと債務整理 のページの一部です。

↑ページの先頭に戻る