信用情報機関とは

信用情報機関とは、貸金業者、クレジットカード会社、銀行など、お金を貸したり立て替えたりといった商売をしている会社(加盟会員)に対して、会員である会社が顧客・顧客見込み客の返済・支払能力を調査・判断するために参考となる情報を提供している機関(会社や団体)です。

信用情報機関は主なもので日本に3つあります。その3つの信用情報機関(ホームページ)とその情報機関に加盟している主な会員(業種)を以下にご紹介します。

㈱日本信用情報機構(JICC)
貸金業者、信販会社、保証会社、クレジットカード会社、リース会社等
全国銀行個人信用情報センター(全銀協センター)
銀行、銀行系クレジットカード会社、信用金庫、農協など
㈱シー・アイ・シー(CIC)
家電・自動車メーカー系クレジット会社、百貨店・専門店会・流通系・銀行系クレジットカード会社、リース会社、保険会社、保証会社、自動車ディーラーなど

上記のホームページにアクセスすれば、具体的にどんな会社がどの信用情報機関の会員であるか、どんな情報が登載されているのか、その情報がいつまで抹消されないのかなどもわかります。

この記事は、トピックス > ブラックリストと債務整理 のページの一部です。

↑ページの先頭に戻る