法律相談&その後の流れ

まずはお電話またはメールで、債務整理(あるいは過払い金請求)をしたい、またはそれらを検討中である、といったことをお知らせください。

↓

弁護士が電話でお話をお聞きいたします(メールの場合はご希望の方法で折り返し連絡させていただきます)。

その後よろしければ法律相談の日時をご予約いただきます。
(弁護士のスケジュール次第となりますが)当日のご相談も可能です。

↓

法律相談をご予約された日時に当事務所にお越しいただきます。その際借り入れにお使いのキャッシュカード、その他関係資料をお持ちください。

↓

実際の法律相談では、借金・債務の経緯、現況、収入、資産の状況などをお聞きし、その時点で想定される債務整理の方針などについてご説明させていただきます。

借金完済後の過払い金請求の場合は、借り入れ・返済の態様などをお聞きして返還額の見込み等をご説明させていただきます。

あわせて弁護士費用や手続費用、それらのお支払い方法などについてもご説明します。その他ご心配なこと、不安なことなど何でもお気軽にお話しください。

↓

法律相談のみでとりあえずお帰りいただくことももちろんご自由です。このような場合であっても法律相談料は一切いただきません。

↓

法律相談の結果、その場で、またはお持ち帰りご検討後、債務整理あるいは過払い金請求を正式にご依頼いただく場合は、(弁護士との)契約書を作成します。契約書には弁護士費用の額及びお支払い方法などが記載されます。

弁護士に正式にご依頼いただいたら、その後業者に対する支払いを(いったん)ストップします。

↓

弁護士費用のうち着手金(はじめにお支払いいただく弁護士費用)の全額または一部(分割払いの場合)のお支払いを当日または後日していただきます。

借金をすでに完済されている方の過払い金請求の場合でかつ返還額が弁護士費用を上回ると予想できる場合は、ご希望により着手金を過払い金の返還時にお支払いいただくことも可能です(初期費用ゼロ)。

↓

着手金の全額または一部のお支払い後(※借金完済者で初期費用ゼロの場合は弁護士との正式契約後ただちに)、弁護士が、各業者に、受任通知(弁護士が代理人となって債務整理等を開始する旨の書面による通知)を発送致します。

↓

この通知と同時に、弁護士が各業者に対する窓口となります。通知書が各業者に届くタイミングが返済期限の後になったような場合は、ご本人に各業者から連絡が行くこともあり得ますが、その場合は、「弁護士に債務整理(過払い金請求)を正式に依頼した」こと及び弁護士の連絡先をお伝えください。

↓

この「受任通知」の発送により債務整理や過払い金請求が始まるわけですが、債務整理自体の流れにつきましてはこちらのページ「債務整理の流れ(手順)」をご覧ください。

過払い金請求自体の流れにつきましてはこちらのページ「過払い金請求の流れ」をご覧ください。

こちらもお読みください!

↑ページの先頭に戻る