借金返済のお悩み-債務整理で解決!

借金返済のお悩みは、債務整理でかならず解決できます。

債務整理について心配されていることがあれば、まずそれをお聞かせください。実は心配する必要のないことであることがほとんどです。

相談は無料です。お気軽にお問合せください。あなたに一番適した方法と手順を一緒に考えましょう。

債務整理についてのよくある誤解

Q:クレジットカードの買い物による借金は債務整理できないのでは?
A:クレジットカードの買い物による負債も、問題なく債務整理できます。カードの発行されない単品の商品やサービスの購入・利用代金も債務整理できます。
Q:利息の高い借金でないと債務整理できないのでは?
A:どんな利息であろうと債務整理できます。
Q:既に延滞が発生していたら分割返済による債務整理はできないのでは?
A:延滞が発生しそれが続いていても、分割返済による債務整理(任意整理)はできます。
Q:とりあえず今月分の支払いを済ませてから相談した方がよいのでは?
A:債務整理をご検討中なら、まずは真っ先に弁護士へご相談ください。債務整理をする上では、仮に目先のお支払が滞っても何ら支障がありません。債務整理開始後は弁護士が窓口になりますので督促等の連絡は一切なくなります。。
Q:特定の借入先だけを債務整理することはできないのでは?
A:債務整理のうち「任意整理(にんいせいり)」では、特定の借入先だけを債務整理の対象とすることも可能です。(例えば勤務先からの借り入れについては債務整理の対象にしないなども可能です)
Q:債務整理をすると一生ブラックリストに載ったまま?
A:債務整理をしても、ブラックリスト(信用情報)に掲載されている期間は最長で10年です(破産及び個人再生の場合は最長10年、任意整理は完済から最長で5年)。その後は住宅ローンやクレジットカードの利用ができます。個人再生も同様です。

債務整理をした方がよいのはどんな人?

以下のひとつ以上にあてはまる人は債務整理をお勧めします。

  • 債務の返済に延滞が生じている人
  • 債務の返済が近い将来できなくなりそうな人
  • 借金の返済を他社からの借入に頼っている人
  • クレジットカードは使えなくてもよいから早く借金を完済したい人
  • 高い利息の借金を借りていた人(⇒借金の減額や過払金の返還が見込めます)
  • 5年以上支払いが滞っている人(⇒消滅時効の援用により債務を無くすことが可能です)

こちらもお読みください!

↑ページの先頭に戻る