弁護士へ債務整理や過払い金請求を依頼するメリット

借金問題の相談窓口はいくつかありますが、弁護士に依頼するのが安心です。

例えば、自己破産の申立て代理人になることは弁護士にのみ許されていることであり、司法書士にはできません。

また、140万円を越える過払い金(かばらいきん)返還請求訴訟の代理人になることも、弁護士にのみ許されていることです。

当初は任意整理の方針で債務整理を開始したものの後に自己破産へ移行したり、債務整理により予想を超えて数100万円の過払い金の存在が判明したりすることは、珍しいことではありません。

このようなご依頼後の事情に対しても弁護士は対処できます。

こちらもお読みください!

↑ページの先頭に戻る